女性の薄毛と男性の薄毛は対処法も違う!

髪が薄くなるのはショックなことですよね。薄毛は男性だけでなく女性でも悩む人が少なくありません。そのため、対策しようと男性と同じ対策を試みる人もいますが、男性と女性では薄毛の原因や対処法が異なるため、本当に改善したい場合は女性に合った方法を行う必要があります。

女性の薄毛の原因は?

女性が薄毛になる原因は、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れ、髪や頭皮のダメージなどがあります。この中でも特に大きいのがホルモンバランスの乱れによる薄毛で、特にホルモンバランスが変化する更年期には薄毛の悩みを持つ女性が増えます。これは女性ホルモンのエストロゲンが髪にハリやツヤを与えていたのが、更年期に女性ホルモンが減少することでその作用が無くなり髪にこしがなくなっていくからです。また、睡眠不足や食の乱れなどは、髪の成長を妨げ細くて抜けやすい毛を増やす原因となります。健康や美容に悪いことは髪にも良くないのです。さらに、パーマや髪を染めることで頭皮や髪はダメージを受けます。おしゃれな女性ほど髪に色々なことをしてダメージを与え、薄毛の原因を作っている可能性があります。頭皮が赤いとか、髪が明らかに傷んでいる人は要注意です。

女性の薄毛の対処法!

髪には女性ホルモンが必要ですが、更年期で女性ホルモンが減るのを防ぐことは残念ながらできません。ですが、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれる食品を積極的に食べることで補うことは可能です。ストレスをうまく解消し、良い睡眠、良い食事とともに生活改善していけば、薄毛も改善できます。また、髪に負担をかけないようにパーマや染めることは控えれば、状態は良くなるはずです。

薄毛を気にする年齢は、人それぞれです。地毛が薄くなり始めたらいきなり手術に踏み切らず、育毛剤を試すことが最善です。