目の小ささを気にしている人にぴったり!痛みなどは?

目尻をほんの少しだけ切開することで、自分の小さな目を切れ長の大きな目に見せることが出来ます。目の周囲の整形の中ではよく知られている施術ですし、地味な顔に華やかさを出したい人にもおすすめ。手術は15分くらいで完了するので、そこまで大掛かりなものでもないんですよ。あまり大げさにとらえずに体験してみてはいかがでしょうか。目尻切開の手術中の痛みに関しては、局所麻酔で抑えてくれます。注射をした時に一瞬痛みが走りますが、これも嫌な人の為に笑気ガスを用意してくれる病院もあるので、怖い場合は事前の話し合いの時に伝えて下さいね。目尻切開の手術が終わった後に麻酔が切れますが、これも2日ほどジンジン軽く痛む程度です。どうしても痛みが気になる場合は処方された鎮静剤を飲みましょう。

後戻りって何なの…?

目尻切開は傷跡もほとんど目立たない整形ですし、きつい顔立ちを優しい感じにすることができます。目元を少し整形するだけで自分の顔がガラリと変わる感覚を味わえるでしょう。しかし、目尻切開の手術は後戻りしてしまう可能性が高いんですよね。大体7割は後戻りしてしまうと思った方がいいでしょう。そこで、美容外科では後戻りした場合を前提で考えて、やや広めに目尻切開をします。元の顔に戻りたくない人もこれで大丈夫です。眼球の機能に全く無関係の部分を整形するので、目の健康を損なうこともありません。安心してくださいね。付けまつげやアイメイクは抜糸してから2日後にはできます。

フォトフェイシャルはIPLと言う光を肌に照射するだけでシミやくすみ、毛穴の開き、ニキビ改善などが出来ます。