髪の毛を洗う石鹸として知られるのがシャンプーです。髪の毛を洗うイメージがありますが、実際は髪の毛よりも頭皮を洗う目的で行います。髪の毛の汚れ自体は水やお湯で流すと比較的簡単に取れますが、頭皮には皮脂が詰まっていたりするのでなかなか汚れが取れません。髪を洗うときに使うシャンプーですが、選び方によっては抜け毛を増やしてしまう可能性があるようです。抜け毛が気になるなら、シャンプーの見直しを考えてみましょう。シャンプーには洗浄成分が入っているものの、あまり強いものだと頭皮にダメージを与えやすくなります。頭皮に余計な洗浄成分が残るとそれが影響して抜け毛が増えやすくなるようです。頭皮への影響の少ないシャンプーを選ぶと良いでしょう。

朝シャンは辞めて回数を減らしてみる

私の頭皮は脂性だからとシャンプーをこまめにする人がいるようです。女性には朝シャンとして朝にも髪を洗う人がいます。寝る前などにも洗っていると、1日に2度のシャンプーになります。一見きれいになるように見えますが、これが抜け毛の原因になるとされています。頭皮には一定の皮脂が必要ですが、あまり洗いすぎるとその皮脂が流れてしまいます。すると必要な皮脂を補おうとこれまでよりもより皮脂が多くなります。より脂っぽくなり、頭皮に皮脂がたまりやすくなります。夏場などは毎日1回ぐらいしても良いですが、それ以外の季節なら2日に1回や3日に1回程度でも良いとされます。髪の毛の洗う頻度を見直せば、頭皮の皮脂を正常化できて抜け毛も減らせるかもしれません。

女性の抜け毛の原因にはストレスや不規則な生活、度重なるカラーやパーマ、誤ったヘアケア、加齢などが挙げられます。